So-net無料ブログ作成

パチンコ店員の将来性【後編】 [店員あるコト・ないコト]

引き続き…、

『パチンコ店員の将来性』

について書いていこうと思います!





『パチンコ業界は不況に強い!』

なんて言われていたのは、一昔の話…。



今は、大手パチンコ店でさえも、平日の昼間は閑散としている店が多いです。

当然お客様がいなければ、平日出勤のスタッフを減らし、

人件費を削ったりと経費を抑えることになります。

その店独特の経営方針もありますので、働く人は事前に確認した方が良いでしょう。



□在籍スタッフが多い店のメリットとデメリット!
・メリット
週休2日で休めることができ、場合によっては大型連休が可能。

・デメリット
休みが多いと収入が減る。

スタッフが多いので替えが聞く反面、上司に目をつけられるとリストラされる可能性が高い。





□在籍スタッフが少ない店のメリットとデメリット!
・メリット
スタッフが少ないと、替えがきかないので大事にされる。

辞められたら困るので、正社員になりやすい。

・デメリット
スタッフが少ないので、連休を取得するどころか、月の休みが4~5日の場合がある。





どこの企業に就職しても、メリットとデメリットは必ずあるでしょう!

ただし、初任給で20万近い給料を支給される仕事って、なかなかありません。

特に女性なら厳しいですよね?

お金が必要という方には、オススメします!





さて、私が思うパチンコ店員の将来性ですが…、

『正直、厳しいでしょう…。~_~;』



というよりも、パチンコ店員の将来性に限らず、他の仕事にも言えます。

◇大手工場の派遣社員

◇家電量販店や某宅急便の準社員

◇郵便局の契約社員など

どれも正社員への道のりは狭き門です。



一流大学を卒業、又はコネなどで大企業に入社できるのであれば、将来性はあると言えるでしょう。

中小企業でも、資格や特化した経験を積める業界なら、可能性はあります。

しかし、他はどんぐりの背比べで、大きな差はないのでは?と思います。

もちろん、公務員などは別です!





□質問者に言いたいこと!
会社という組織に依存している時点で、将来が不安ではないですか?

大切なのは、自分のスキルを高め、千載一遇のチャンスが来たときに、

自分の物にできる力を付けることだと思います。



そこの意識を高め、常に学び続ける向上心がなければ、

公務員だろうが、大企業に就職しようが干されますよ。

大切なのは周りではなく、自分自身です。



周りがお刺身が好きでも、自分は嫌いかも知れませんよね?

人それぞれの価値観があるので、他人に聞くくらいなら、

自分自身で経験してみてはどうですか?





以上、パチンコ店員の将来性【後編】でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。